Bob Dylanの声(吹替え)に脱力

2006/01/31(火) 17:31:58 [ロックの話題]

Bob Dylan in Motion Picture
先日、数年前にテレビ放映された映画「ビリー・ザ・キッド 21才の生涯」を録画したテープを発見。ビリー・ザ・キッド 21才の生涯 特別版おお、こんなん録っとったんや~こりゃ見とかなな、とさっそくビデオスタート。たぶんお昼の映画劇場みたいなのでやってたらしく、残念ながら字幕ではなく吹替え。ま、楽だしいいかと思いつつ見ていたのですが、主人公ビリー役のクリス・クリストファーソンがどうしても21歳には見えず、しかもニヤニヤしすぎで(リタ・クーリッジも出演してるから?)どうにも格好よろしくない。パット・ギャレット役のジェームス・コバーンはかっこいいのに(酒呑みすぎですが)。Pat Garrett & Billy the Kid

だいたいこの映画、原題が「Pat Garrett And Billy The Kid」なので、ビリーだけの物語のような邦題はおかしいんですよね~。まったくビリーの生涯なんて描いてないし。もしかしたらTV放映に際して大幅カットされてるのかもしれませんが。しかも途中で「拉致被害者らついに帰国!」なんてニュース映像も挿入されたりして。いつ録ったやつやねん(笑)。

それはさておき、何のための役なのかわからなかったのがボブ・ディラン。しかしディランのイメージを覆す吹替えの声には、なんじゃそらっ!しかも名前が「別名」て~。
スポンサーサイト



記事URL | Comment: 6 | Trackback: 1

Comment

天国の扉のシーンが素敵ですね!
世間の評価は低いようですが、かなり好きな映画です。ペキンパー好きなもので(笑
しかし吹き替えでは見たことありませんねぇ…。リタが出てるからニヤけてるって説も知りませんでした(爆

2006/01/31(火) 19:22:51 | URL | テキサス [ 編集]

そうですね!
テキサスさま
吹替えディラン、けっこう情けないです(笑)。
>リタが出てるからニヤけてるって説
これは僕が勝手に思っただけですよ(笑)。クリストファーソンは普段渋いイメージなので。

しかしDVDパッケージを見ても、パットの方が主役では?

2006/01/31(火) 20:21:23 | URL | yu-shio [ 編集]

こんにちは
吹替えディラン、想像するだけでやばそうですね。
この映画観たことなくて観たいんですけど、わざわざ購入するのはどうだろう?と悩んでるんです。悩みが深まりました(笑)。

2006/01/31(火) 20:51:14 | URL | しん [ 編集]

お悩みのところ失礼しました
しんさま
悩みを深めてしまい申し訳ありません(笑)。映画通のテキサスさんが、かなり好きだとおっしゃってるので、いい映画なのではないかと、、、。ちなみにディランはちょろっとしか出ません(テレビでカットされてなければ・笑)。

2006/01/31(火) 21:54:39 | URL | yu-shio [ 編集]

編集
この映画、ず~~~~~っと昔に(拉致被害者帰国よりはるか前)深夜のTVで2回見た記憶があるんですが、最初に見た時は「天国の扉」がないバージョン、次はあるバージョンでした。今度DVD化されたのは、残ってた記録をもとにペキンパーのオリジナル・アイデアを再現したものらしいんですが、どういう編集になってるかは見るまで不明です。

2006/01/31(火) 23:55:02 | URL | 上ボ [ 編集]

へえ~。
上ボさま
いろんなバージョンがあるんですね。でも“天国への扉”がないバージョンはちょっとさびしいですよね。

2006/02/01(水) 00:48:57 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
ディラン  普段ボブ・ディランを聴くことはあまりないのだが、ふとした時に聴きたくなることがありiPodに入れてある。いつもは「Highway 61 Revisited」しか入れてないのだが、先日「Desire」と「Blond On

2006/02/01(水) 01:24:21 | ロック好きの行き着く先は…

| HOME |