ニューキッドはホールか?オーツか?

2006/02/16(木) 18:16:25 [ロックの話題]

Daryl Hall & John Oates
Daryl Hall & John Oatesに大好きアルバムがふたつだけあります。77年の「裏通りの魔女」と79年の「モダン・ポップ」。どちらも世間の評価は低そうですが、僕にとっては最高にロックな作品なのです。大雑把にいうと前者はハードロック(Zeppがソウルフルになったみたい、、違うか)、後者はニューウェイヴ(ただのディスコ・ビートじゃない、、、はず)。もちろん今聴いてもかっこいい。でもこれ以前はともかく、以降はあんまり好きじゃないなあ。
Beauty On The Back Street(裏通りの魔女)X-Static(モダン・ポップ)

COVER DYNAMITE / デキシード・ザ・エモンズ上記の2枚とは関係ないけど、ホール&オーツのヒット曲“I Can't Go For That (No Can Do)”をかっこよくガレージにカバーしたのが、デキシード・ザ・エモンズ。Small Faces、The Whoをはじめ、ブルーズ・ナンバーなどをめっちゃかっこよくカバーしたアルバム「COVER DYNAMITE」に収録。以下は収録曲。参考まで。

1. 300 Pounds Of Joy
2. Just A Little Bit
3. I Can't Go For That (No Can Do)
4. Another Girl
5. You Can't Judge A Book By It's Cover
6. Lazy Sunday
7. The Goods Gone
8. Dancing's Alright
9. Down Home Girl
10. Spoonful
11. Home In Your Heart
12. Shake
13. Slow Down
14. (I Got My) Mojo Working
スポンサーサイト



記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

Comment

Wait For Me が好きなのですが…
ベスト盤に見あたらないので「モダン・ポップ」は手に入れないと駄目かな~なんて思ってます。

ニュー・キッドは背が低いオーツ…っということで(失礼

2006/02/16(木) 23:25:39 | URL | ocean [ 編集]

ええっ
ベスト盤に“Wait For Me”入ってないのですか!でも他の曲がもっとかっこいい「X-Static(モダン・ポップ)」を買えばバッチリOKです。しかしまあ今から考えると、邦題はなんだかな~って感じですね(笑)。

>ニュー・キッドは背が低いオーツ
ははは。そうだっ!(笑)

2006/02/16(木) 23:46:45 | URL | yu-shio [ 編集]

どひゃぁ~!!
またも激しくリスペクトですっ!!
僕もこの2枚がホール&オーツの最高傑作だと信じて疑わない一人なのです。特に「X-Static」ニューウェイブ的アレンジ手法を用いたポップスとしては一級品の仕上がりですよ。凄いですよ!!

2006/02/17(金) 12:10:43 | URL | サイケ [ 編集]

そうですよね!
サイケさま
また趣味が合っちゃいましたね(笑)。やっぱりこの2枚ですよ。「X-Static」にはホント興奮したものです。世間では、ディスコになってしまってしっくりこない、、だとか言われてるようですが、断じてそんなことはないです。「Beauty~」の方も暗いけどカッコイイですね~。

2006/02/17(金) 12:52:42 | URL | yu-shio [ 編集]

「ふたつだけあります」って
ぎゃはは、いきなり「Daryl Hall & John Oatesに大好きアルバムがふたつだけあります」って、全国1,000万人のHall&Oatesファンを敵にまわしてどうするんですか?
めちゃめちゃ受けました。

2011/04/13(水) 01:09:01 | URL | e_kusano [ 編集]

あはは
●e_kusanoさま
ありゃ~1,000万人もファンがいましたか。いかん!ホントはあと1~2枚あるかもしれません、、ってことでいかがでしょ(笑・これでも大昔にライブ行ったことあります)。

2011/04/13(水) 01:32:08 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |