Ian Hunter・・曲中で笑う男

2006/07/08(土) 19:28:13 [似顔絵ロック]

Ian Hunter
Mott The Hoopleの「Live」は長年愛聴してきたアルバムですが、どうにも量的に物足りなく、しかもコンサートのオープニングである、Don McLeanの“American Pie”カバー~“Golden Age Of Rock'n' Roll”メドレーが収録されていないのが不満のふ。

華麗なる煽動者~モット・ライブ僕は、前者の一曲が両面に分割されたドン・マクリーンのオリジナルのシングル盤を聴きながら歌詞カード片手にアロォングロォングタイマゴゥ~と歌いつつロックンロールの歴史に思いを馳せるガキだったのであり、後者収録のモットの前作「The Hoople」を聴きまくり歌いまくった挙句LP盤面に激しく付着した汚れが甚だしくなった折に、ちょうどそのころ聞き及んだ“木工ボンドを盤面を塗りたくって乾かした後にペロンと剥がせばレコードは新品のように綺麗になるぜ”という話を真に受けて、実際これを実施したところこびり付いた木工ボンドで二度と聴けない盤にしてしまったことがある馬鹿ガキだったので、どうしても聴きたくてブートレグに手を出したりしていたのですが、数年前やっとこの「Live」の30周年記念盤というヤツがリリースされた際にはイエイ!と片手を振り上げたままCD屋に駆け込み、すかさず購入したのです。ハアハア(息切れ)。この「Live」最近やっと国内盤が発売された模様ですね。
American Pie / Don McLeanロックンロール黄金時代(The Hoople)
この30周年盤、惜しくもニューヨークとロンドンふたつのコンサートの完全収録ではないようですが、モットのちょっとケツが重い感じのロックがたっぷり聴けてウレシイのです。Two Miles from Live Heavenアルバム「Two Miles from Live Heaven」での同時期のライブ(2枚組の2枚目)では声がさっぱり声が出ずに苦しそうだったイアン・ハンター(ディランチルドレン!チラッと風に吹かれての一節もあり)の歌もここではバッチリ、匿名ギタリストAriel BenderのレスポールJr.(シングルカッタウェイ)のネリネリの音も最高。思えばこの人とレスリーウェストのサウンドでレスポールJr.が欲しくなり、やっとこさオトナになってから手に入れたんでした。たしかにネリネリの音が出ます。異様にネックが太いけど。
スポンサーサイト



記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Comment

息切れ楽しいですね♪
木工用ボンドってのは凄いですねぇ。しかし説明を聞く限り本当に復活するのがイメージ出来てしまいますよね。こう、ペリッと剥がれる感じが(笑

イアンと言えば先週あたりからアメリカンエイリアン~を聴いてます♪ ジャコがいますね。今まで全く知りませんでした(汗

2006/07/10(月) 20:22:17 | URL | テキサス [ 編集]

そうでしょそうでしょ
ぺろっとキレイに取れそうな気がしますよね。でもうまくやれば本当にキレイになるという話です。しかしとてもそうは思えない結果でした(笑)。

オールアメリカン~は、ジャコがいるのもあって(?)なんか雰囲気がちがうんですよね。僕はミックロンソンのギターが炸裂するファーストの方が好きです。

2006/07/10(月) 21:14:43 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |