リチャード地獄ですわ

2006/07/28(金) 18:01:59 [ロックの話題]

Richard Hell
このところ少々テンパリ気味。そんなときはスカッとパンクじゃい!ってなわけでニューヨークパンクの雄、リチャードヘルとヴォイドイズの「Blank Generation」を聴いてみる。Blank Generation / Richard Hell & the Voidoidsこれが失敗(更に言うなら、スカッとパンク、、ってとこで間違いを犯しているのだが、、)。ニューヨークパンクといえばヘルの顔が思い浮かぶ(僕の場合)存在であり、その代表作がブランク~なのでありますが、その音がなんちゅうかパンクじゃない。聴けば聴くほど右手はグルングルンと前から後ろに、左手は関節がありえない方向に曲げて左右に振り回したくなり、舌をだらんと垂らしつつ頸の骨がぼきぼきと折れそうになるまでヘッドをバングしたくなってしまうギクシャクしたリズムと、ハゲ親父ロバートの痙攣ギター、へにゃへにゃのヘルの歌に、やる気がどんどん失われていってしまうのです。う~ん困った。このままではいかん!曲がってしまった両腕を元に戻すには何を聴けばよいのでしょう??ラスタマンヴァイブレーション、イエ~エ、ポジッティッブ!~あたりでしょうか(笑)。
Go Now / Richard Hell
▲これ読みたいけどまだ読んでません。

関係ない話。毎日何十通と来るスパムメールですが、先ほど来たやつのタイトルにはちと笑てまいました。「主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました」ですと、、、。
スポンサーサイト



記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

Comment

オオアリクイって・・・(汗)
ニューヨーク・パンクでスカッとはいかないですよ。さらにテレビジョンで引き攣ってください(笑)。

2006/07/28(金) 18:31:27 | URL | サイケ [ 編集]

そんなやつぁおらん、、ですね(笑)
たしかに。でも思いっきり笑えますね。テレビジョンだともうパンクっていうイメージを持っていないのですが(あくまでもイメージ、、ね)、ヘルは破れTシャツ、安全ピン、、、とThis is パンク!なので所謂パンク目線で書いてみました(笑)。引き攣りサウンド大好きです。テレビジョンは聴きたいのですが、かつては持ってたはずなのに今は持っていない模様なのです。

2006/07/28(金) 19:03:40 | URL | yu-shio [ 編集]

旦那をオオアリクイに殺された
未亡人は画伯に何を訴えてるんでしょうか?(笑

つい最近、他のブログでヘルの話を読みましたがまさかヘル祭りの始まりですか!?
そのブログにもコメントしましたがあれはパンクというより変態ですね♪ そりゃ腕も捻じ曲がります(笑

しかしテレビ売ってしましましたか・・・。そういやこの前渡した中にトムヴァーレイン入ってませんでした? 次はマーキームーンとアドヴェンチャーあたりを混ぜますね。

2006/07/28(金) 21:55:19 | URL | テキサス [ 編集]

マーキームーン♪
ご両人、日曜日のリクエスト大会でかかるマーキームーンはライブ・バージョンでっせ♪時間無くてフェイドアウトだけど・・・。

2006/07/28(金) 22:11:06 | URL | サイケ [ 編集]

しかも1年前、、(笑)
テキサスさま
別にオレに訴えてるわけではないと思うけど、、。ご主人はシンガポールで危険な出稼ぎに行ってたそうで、未亡人は金はいくらでも出すからいろいろ満たして欲しいんですと(笑)。

こないだの中にはヴェルレーヌは残念ながら入ってませんでした。次回よろしく!ちなみにテレビは売ってしまったんじゃないような気がします。でも現在手元にないことは確か。

2006/07/28(金) 22:16:41 | URL | yu-shio [ 編集]

追伸
書き忘れましたがヘルの小説は微妙ですよ・・・(笑 ちなみに自分は図書館で読みました。
 
内容はグダグダのジャンキー旅行記ですが、パラパラと立ち読みしてみてイケそうだと思ったら読んでみて下さい(町田が帯に宣伝文を書いてます)。感想待ってます(笑

2006/07/28(金) 22:24:53 | URL | テキサス [ 編集]

おおっ
サイケさま
楽しみにしてますよ!
またオモシロイお話聞かせてください。

2006/07/28(金) 22:26:39 | URL | yu-shio [ 編集]

なるほど
テキサスさま
微妙ですか~。
僕も図書館を探してみよっかな(笑)。

2006/07/28(金) 22:29:56 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |