フュージョンギタリストおふたりさま

2007/01/25(木) 16:20:31 [ロックの話題]

Larry CarltonLee Ritenour
「Player Guitar Love」用に描いたラリー・カールトンとリー・リトナー。ちょいと時期が違いますがご容赦のほどを。しかしまあ(大)昔はこういう音楽も聴いてましたね~(笑)。どのアルバムに誰々が参加してるとかプロデューサーは誰だとかジャケの裏ばかり見てました。現在はまったくと言っていいほどというか、まったく聴きませんけどね。でもこれを描いた記念に久し振りに“ルーム335”でも聴きますか。レコードあるかな??
Larry CarltonLee Ritenour & Gentle Thoughts
スポンサーサイト



記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Comment

おお!
ラリー、確かに昔はこんだけ毛がありましたよねぇ、そういえば・・・

最近、すっかり容貌が・・・(笑)

リーが、杏里のダンナになったのは知りませんでした。

僕もRoom335聴きながら寝ます♪

2007/01/26(金) 00:43:21 | URL | J [ 編集]

どちらも
昔は王子様ヘアーでしたね~(笑)。リトナー、今は杏里のダンナという方が有名なんですかね。

ルーム335を聴こうと思ったけど、歌モノ中心のそれ以前のソロアルバム「Singing, Playing」を聴いてしまいました。

2007/01/26(金) 09:43:24 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |