ニヤニヤBuddy Guyのニューアルバム

2005/10/13(木) 01:10:14 [ロックの話題]

Buddy Guy
ニヤニヤ笑いのブルース・レジェンド、Buddy Guyの最新作「Bring 'Em In」がかっこよすぎます。かなりソウル、R&B寄りの選曲が素晴らしい。2曲目の“Ninety Nine And One Half”なんてイントロから涙ちょちょぎれそう。Bring 'Em Inもちろんつるつる頭になっちゃった本人の歌とギター(ジャケではテレキャスのデラックス持ってます)もよし。ほとんど全編にわたってのSteve JordanとWillie WeeksそしてBernie Worrellのバック陣がまたよろし。ま、あんまり馴染んでないゲストはいらんのとちゃうかと思いますが。

Albert King大好きの僕にとって、ソウル寄りのブルースってのはホント最高の音楽です。純粋ブルースファンにはもしかしたら評判よくないかもしれませんけどね。しかしいまや売れっ子プロデューサー(このアルバムも)Steve Jordanの名前を聞くと、いまだに24丁目バンドを聴きたくなってしまうのですねえ。
スポンサーサイト



記事URL | Comment: 4 | Trackback: 1

Comment


買われましたか。
私もヘヴィロ~中ですよ。(笑)

2005/10/13(木) 01:18:58 | URL | Yass [ 編集]


Yassさま。
これが日本発売されてないなんて~って感じですよね。

2005/10/13(木) 01:22:29 | URL | yu-shio [ 編集]

僕も好き!
僕もソウル寄りのブルーズは好きであります。よってこのアルバム聞いてみたくなりました。バックのメンツも良いですねぇ~♪

2005/10/13(木) 06:04:52 | URL | サイケ [ 編集]


サイケさま。
こりゃいいアルバムですよ。ラテン風味の“I Put A Spell On You”(これだけSantanaプロデュース)もオモシロイし。

2005/10/13(木) 14:07:42 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
「シリーズ、ひとまず最終回。夜響さんを思いながら」 BUDDY GUY/BRING ’EM IN    「ブロガーさん達に教えてもらった1枚」第26弾! 今日は、ブログ「美響乱」の夜響さんが以前に取り上げてらっしゃったバディ・ガイの「Bring 'Em In」です!

2006/10/16(月) 23:42:09 | 波野井露楠の徒然日記 ~ROCK&BOOK~

| HOME |