Neil Youngの新作はソートーよいです、ハイ

2005/10/30(日) 16:15:56 [ロックの話題]

Neil Young
Prairie WindGreendale」のときの来日公演でかなり感動したにもかかわらず、なぜかそんなに期待していなかったニューアルバム「Prairie Wind」を遅ればせながら聴いてみると、、、いい!実にいい!「Harvest」、「Harvest Moon」との三部作と言われているみたいですが、とくに後者とはぜんぜん聴き手との距離が違うように聴こえます。まあCDの音自体がかなりデッドなのもあるでしょうが、ご本人の歌に、今までどんなにやさしい曲を歌っても含まれていた、尖った(ギスギスした、、?)何かが感じられないってのが原因のような気がしますね。ニールの場合尖った部分がないってのはマイナスともとられそうですが、今回は今までにないほどやさしさに溢れたアルバム、ただ音楽することが嬉しくてたまらない作品ってことで、、。曲にあわせて演奏するバンド(スタジオ風景)を収録したDVD(普通の国内用DVDプレイヤーで普通に見ることができました)もなんだか和みます。
スポンサーサイト



記事URL | Comment: 2 | Trackback: 2

Comment


やっぱり彼岸を見そうになったことが影響してるんですかね。
ちなみに日本盤は臭くないです。

2005/11/01(火) 21:51:20 | URL | sugarmountain [ 編集]


sugarmountainさま
たしかに、これまでになくやさしい印象なのは、そういうことがあったからかもしれませんね。それにしても日本盤も臭くすればいいのに(笑)。

2005/11/02(水) 19:15:57 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
しつこいようですがNeil Young-Prairie Windのこと Neil YoungのPrarie WindのDVDを見た。4月に脳動脈瘤の手術を受けた前後にナッシュビルでレコーディングされたらしい。あるブログに書いてあるが、手術前2日で8曲、その後に2曲レコーディングしたらしい。CDを聴いても、DVDを見てもそんな大事が起きていたとは全くわからな

2005/10/30(日) 19:39:49 | firehillsの"読む聴く打つ飲む"

またまたPrarie Wind-Neil Youngの話 またまたPrarie Wind-Neil Youngの話。いやあ、聴けば聴きこむほどいいアルバムだ。最近ニールの関係者が次々に亡くなっていることや自分の手術のことなどを乗り越えて出来たアルバムだから聴くほうも真剣だ。最近亡くなったのは、ニールの最初のカミさんで女優だったCarrie

2005/11/03(木) 20:21:30 | firehillsの"読む聴く打つ飲む"

| HOME |